ジャグラーのチェリーはとても重要!? ~チェリー攻略~




 

皆さん、ジャグラーのチェリーは重要ということは知っていましたか?

チェリーを狙わずに適当に打っている人や、ジャグラーのチェリー当選や出現率に設定差があることがわからない人は少なからずいると思います。

今回の記事ではジャグラーのチェリーについて詳しく説明していきたいと思いますので、上記に当てはまる人はぜひとも記事を参考にしてみてくださいね~

チェリー出現時の確定リーチ目

チェリーが出現したときの確定リーチ目を紹介していきます。

単独チェリー確定リーチ目

左リールにチェリーが出現し、中リールにチェリーが出現しない場合、リーチ目となり、単独チェリー当選となります。

また、このリーチ目が成立するのは左リールから押す順押しの場合のみです。

変則押し(中押しや逆押し)の場合だと左リールだけにチェリーが出現するときもありますが、この場合はリーチ目として成立しません。(当選することもありますが確定ではないということです。)

中段チェリー確定リーチ目

上記の画像のように左リールの中段にチェリーが出現したらビッグボーナス確定です。(それぞれ「BAR」下と「BAR」上の中段チェリーです。)

上記の画像のような「BAR」「BAR」「BAR」の停止系が止まったことはありますか?

この停止系も中段チェリーでの当選となります。

中段チェリーないじゃんと思う方もいますと思いますが、これは中段チェリーが成立しているゲームの時に「BAR」を狙うと揃います。

※中段チェリーは「BAR」の下のチェリーと「BAR」の上のチェリーの2パターンがありますので、片方の中段チェリーを狙えなかった時に狙うと揃います。

(「BAR」下のチェリーによる中段チェリー当選なら、「BAR」上のチェリーを狙えば「BAR」が揃います。)

毎回左、中、右の3リールに「BAR」を狙って打つ人はいないと思うので、運よく揃う時しか見れないと思います。

ですので、この出目が見れた人はラッキーですね~

中段チェリーの確率

機種名 中段チェリー確率
みんなのジャグラー 1/2048.0
マイジャグラー 1/3276.8
マイジャグラーⅡ 1/3276.8
マイジャグラーⅢ 1/3276.8
マイジャグラーⅣ 1/3276.8
ミラクルジャグラー 1/3276.8
ファンキージャグラー 1/3276.8
ハッピージャグラーⅤⅡ 1/3276.8
スーパーミラクルジャグラー 1/3633.7

みんなのジャグラーは中段チェリーが他と比べて出現しやすいです。(補足ですが、設定6の機械割もジャグラ―シリーズでは最も高いです。)

また、中段チェリーに対応しているチェリーは2つあるので、この中段チェリーの出目が見ることができる確率は1/6553.6で、先ペカ中段チェリーの出現率は1/26214.4です。

※ちなみにこのジャグラーシリーズ以外は中段チェリーは無いです。

マイジャグラーシリーズ チェリー確率

設定 角チェリー
1 1/36.03
2 1/35.95
3 1/34.69
4 1/33.51
5 1/33.40
6 1/33.23

マイジャグラーシリーズのチェリー確率です。設定4,5,6はほぼ一緒で高設定ほどチェリーが出現しやすくなっています。

マイジャグラーシリーズ 角チェリー同時当選確率

設定 角チェリーBIG 角チェリーREG 角チェリーボーナス
1 1/1456.4 1/1213.6 1/662.0
2 1/1394.4 1/1170.3 1/636.3
3 1/1337.5 1/1092.3 1/601.3
4 1/1260.3 1/1024.0 1/565.0
5 1/1213.6 1/963.8 1/537.2
6 1/1170.3 1/862.3 1/496.5

マイジャグラーシリーズには角チェリーの当選確率も設定差があります。

設定1と設定6では角チェリーBIGが1.24倍差角チェリーREGが1.41倍差があります。

しかし、確率の分母が小役確率と比べてかなり大きいので、参考程度として把握しておくとよいでしょう。

角チェリーでよく当たる台は高設定である可能性が高まると思います。

チェリーと収支の関係性

皆さんはジャグラーを打つ際、しっかりとチェリーを毎ゲーム狙って打っていますか?

チェリーを取りこぼすことで長い期間で見ると収支に大きな影響があるのでチェリーは必ず狙って打ちましょう。

そこで、チェリーの取りこぼしによる収支の例を挙げて紹介していきます。

10日間マイジャグラーⅢの設定6を5000G打つと仮定します。

マイジャグラーⅢの設定6のチェリー確率は1/33.23なので約150回出現するので、150回(出現回数)×2枚(チェリー払い出し枚数)=300枚

300枚=6000円(等価)分のメダルが払い出されることがわかると思います。

これを10日計算すると→300枚×10日=3000枚=60000円(等価)分になります。

チェリーを狙わないで打つとして、150回出現するチェリーの3割を取りこぼすとすると

150回(出現回数)×0.3=45回

45回取りこぼすということは

45回(出現回数)×2枚(チェリー払い出し枚数)=90枚=1800円(等価)分のメダルを損失していることになります。

これを10日計算すると→90枚×10日=900枚=18000円(等価)分にもなり、チェリーを3割取りこぼすだけで18000円もの収支差が出ることがわかると思います。

例はあくまで理論上ですが、チェリーを取りこぼしていることは必ず損をしており、チェリーをしっかり取ることは必ず得をしています。

また、これが10日ではなく、100日、200日と計算していったらかなりの収支差が出るので、少しでも収支を良くしたいなら必ずチェリーは狙って打つことをお勧めします。

まとめ

今回の記事では、チェリーの重要性について紹介していきました。

チェリーは設定判別や収支に関しても重要であることが分かったと思います。

収支を少しでも良くしたい方はチェリーはしっかり狙って打ちましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひともジャグラーの稼働の参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA