ジャグラーの前半、後半に伸びるそれぞれのグラフの特徴や挙動!




皆さん、ジャグラーで序盤に一気に出たり、前半は高設定水準の台ですが、回すにつれて出玉が削られていき、最終的に全部出玉がのまれた経験はないですか?

ジャグラーを打つ人ならわかると思いますが、前半に設定6の合算を超えて一気に2000枚、3000枚出玉が出る台や

前半に一気に出玉が出た台が後半にかけて失速していく台出玉がダラダラしている状態が続いていて、後半から伸びていく台がありますよね!

そのような台がどのような特徴や挙動を示すか知りたくないですか?

今回の記事では、前半に伸びるパターンと、後半に伸びるパターンのジャグラーのグラフの特徴や挙動について説明していきたいと思います!

興味のある方はぜひ最後まで読んでみてください!!

前半に一気に出玉が伸びた台のグラフパターン

Processed with MOLDIV

4つのスランプグラフを見てみると、前半に一気に出た台は、波の上昇が止まり出したあとは後半にかけて失速していることがわかります!

このような動きをする台は前半にBIGに大きく偏って爆発したが、後半にかけて中ハマりのREGを引き、BIG確率と合算が少しづつ悪くなっていき出玉が削られていくパターンが多くみられます。(私の経験上ですが)

しかし、3000枚近く出ているため低設定の可能性は低く、このような出方は中間設定が濃厚かなと思いますが、高設定の可能性もあると思います。(高設定ならレギュラーの確率は良くなっていくと思います)

実際に私が閉店まで打ち切った設定6のマイジャグラ―Ⅳのデータ

序盤は小役確率、合算、BIG確率、REG確率が設定6を超える値で2500枚弱出ましたが、後半にかけてブドウ確率と合算が悪くなり、最終的に800枚弱のプラスで終えました。

しかし、ハマりが少なくてREGはついてくるがBIGが引けずという少しづつ出玉が削られていく展開になりましたが、単独レギュラー確率は設定6の数値を大きく超えていました!

個人的には開店から打っていて、絶対6だなと思っていたのでこんな出方のする設定6もあるのか~と思ってました!

ちなみに設定6と分かったのはカチ盛りターゲットというスクープTVさんのイベントで対象機種の数台に設定6が投入され、その日の午前0時に設定6がどの台が発表されるからです。

このような出方の台がイベント日で設定に期待ができる状況であるならば、高設定の不発台の可能性も高くなるので、据え置きをする店は次の日の狙い目になると思います。

私が打ったジャグラーの設定6は不発台といえるデータになってしまいましたが、ブドウの確率や単独レギュラー確率は3000回転付近まで設定6の数値よりもかなり良く、後半にかけて出玉が削られている時もレギュラー確率は悪くない状態でした。

皆さんは私のようにならないよう設定6で100ペカ目指してくださいね~

前半型の台の挙動

前半に出玉が一気に出た時の台の挙動としては、出玉の最高点から半分の出玉あたりで止まって少し反発する、ダラダラするもしくはそのまま全のまれされるパターンを私はよく見ます!(他にもパターンはあるかもしれません)

この場合、前半に一気に出た台は設定6の合算を大きく上回っており、「高設定ツモった!」と思うかもしれません!

しかし3000G、4000Gまでは判断は難しいですし、このようにグラフが落ちていくようなことがほとんどなので途中から狙うのはやや危険かもしれません!

上図のように前半に一気に出てもハマらずに出玉が伸びていく台は7000枚、8000枚を超えることもありますが、かなり稀なのでイベント日のような熱い日でなければ避けるのが良いと思います!

アイムジャグラーで7000枚越えは凄すぎですよね…(アイムの設定6はあんまり出玉期待できません)

注意点

また、注意する点としては合算が良い台が落ちていたら、スランプグラフを見て前半に出すぎていないか確認することとその日は通常日なのかイベント日なのか確認することが重要です!

後半に出玉が伸びていく台のグラフパターン

Processed with MOLDIV

前半は少しずつ出玉が増えているもしくは少しダラダラしていますが、後半も右上がりに出玉が伸びていることがわかりますよね~

特に、下記の画像のような前半にグラフがダラダラしていてREG確率が良い場合は狙ってみても良いと思いますよ!

また、右上がりグラフは高設定に多く見られるので、前半型の台より、後半型の台の方が高設定であると言えるかもしれません!

後半型の台の挙動

実際に私の経験上ですが、最終的に高設定だった台は前半はダラダラした展開ですが、レギュラー確率や小役は良く、後半にかけて合算も良くなっていくことが多いと感じます!

しかも回すにつれて出玉が伸びていくことや、ハマりが少なくコンスタントに当たりを引いていくことが多く、出玉が途中で大きく飲まれるような展開になることはほとんどありませんでした!

また、高設定の台は一気に出玉が増えるというより、ハマりが少なくて出玉も緩やかに増えていくことが多いと感じましたし、ハマったとしてもハマった時に飲まれた以上の出玉の払い出しがあるように感じました!(600Gハマって約900枚飲まれたが、ハマりの後に連荘をして1500枚弱出たというような)

ジャグラ―高設定シミュレーション結果 5000G

シミュレーションアプリで高設定(設定5,6)を5000G回した時のシミュレーション結果を紹介した記事もありますので是非参考にしていただければと思います!

マイジャグラ―Ⅲ 5000G 高設定(設定5,6)のグラフ、差枚データを公開!

ファンキージャグラ― 5000G 高設定(設定5,6)のグラフ、差枚データを公開!

ゴーゴージャグラ― 5000G 高設定(設定5,6)のグラフ、差枚データを公開!

ジャグラ―設定6シミュレーション結果 10000G

シミュレーションアプリで設定6を10000G回した時のシミュレーション結果を紹介した記事もありますので是非参考にしていただければと思います!

マイジャグラ―Ⅲ 設定6 10000Gシミュレーションでわかるグラフや小役の特徴!

ファンキージャグラー 設定6 10000Gシミュレーションでわかるグラフや小役の特徴!

ゴーゴージャグラ― 設定6 10000Gシミュレーションでわかるグラフや小役の特徴!

また、パチンコ・パチスロを打つ人にはぜひとも活用してほしい情報サイトのデータロボサイトセブンについての記事も書いているので是非!

目指せジャグラー勝率アップ ~データロボサイトセブンの活用~

まとめ

今回の記事で紹介したのはジャグラーの前半に出玉が伸びる時と後半に伸びる時のグラフの特徴について紹介していきました!

ジャグラ―は前半に一気に出る台は朝からその台を打っていたら短時間で大勝ちできますが、

BIGに大きく寄っていて、REG確率が悪い台は途中から打つのは危険であることや、後半に伸びている台は安定して出ていくことが多いことがわかりますよね!

しかし、前半に大きく出るパターンは後半落ちる、後半に伸びている台は安定して出ていくということだけを頭に入れて立ち回るのではなく、あくまで一つの判断基準として把握しておくことが大事です!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ぜひ今回の記事の内容を参考にして打ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA