ゴーゴージャグラ― 5000G 高設定(設定5,6)のグラフ、差枚データを公開!




ゴーゴージャグラ―の高設定の挙動を知りたいという方にぜひとも読んで頂きたいです!

この記事では、ファンキージャグラーを5000G回した時の高設定域である設定5,6の挙動やスランプグラフのデータを公開します!

ホールで打つときにぜひとも参考にしてみてください!

ゴーゴージャグラ― 設定6 5000G試行データ

ボーナス合算、差枚データ

  BB RB 合算 差枚
19 20 1/128 478
30 22 1/96 4119
19 12 1/161 21
20 17 1/135 441
21 11 1/156 162
13 18 1/161 -1366
20 19 1/128 914
21 19 1/125 1213
13 19 1/156 -1041
22 23 1/111 1972

設定6だけあって10台のうち8台がプラス域ですが、マイジャグ、ファンキーと比べると合算も安定してなく、出玉は少ないです。

ゴーゴージャグラ―は低設定のスペックが甘いですが、小役確率も悪いので高設定でも大きな出玉はあまり期待できないかもしれません。

スランプグラフデータ

全体的に波が荒い傾向があり、BBがついてこないと大きくマイナスになることもあります!

3000枚オーバーの大きな勝ちはあまり期待しないほうが良いかもしれません。

ファンキージャグラー 設定5 5000G試行データ

ボーナス合算、差枚データ

  BB RB 合算 差枚
20 22 1/119 1011
12 22 1/147 -1497
19 29 1/104 1465
20 14 1/147 127
22 22 1/113 1759
16 18 1/147 -419
14 20 1/147 -704
17 16 1/151 -509
10 21 1/161 -1977
19 28 1/106 1536

設定5の結果は10台中5台がプラス域でした。

やはりゴーゴージャグラ―の高設定で大きく勝つのはなかなか難しいかもしれません。

スランプグラフデータ

設定6と同様設定5も波は荒く、BBがついて
こないと下にズルズルいくこともあります。

まとめ

ゴーゴージャグラ―は低設定と高設定のBB確率があまり変わらないのでスペックが甘い分、高設定も大きく勝てることは少ないのかもしれません。

BBもしっかりついてきてRBの確率も良い台を打つのが良いかもしれません。

ゴーゴージャグラ―の高設定は出玉もマイジャグラーやファンキージャグラーと比べると少ないので、通常日でも設定5、6を置くホールは多いかもしれません。

最後までお読み頂きありがとうございます!
ぜひとも参考にして勝率アップにつなげてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA