ファンキージャグラ― 設定1 10000Gシミュレーションでわかるグラフや小役の特徴!




皆さん、ファンキージャグラーの設定1のスランプグラフや小役確率がどのような動き、値になるのか気になりませんか?

今回の記事では、ファンキージャグラーの設定1を10000G回した時のシミュレーションの結果を紹介していきたいと思います!

設定1のファンキージャグラーがどんな挙動になるのか気になる方はぜひ最後まで読んでみてください!

まずはファンキージャグラーのスペックを確認していきましょう!

ファンキージャグラー ボーナス確率

BIG確率 REG確率 合算確率 機械割
設定1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
設定2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
設定3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
設定4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
設定5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
設定6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%

ファンキージャグラー 設定1 10000G試行データ

設定1のスランプグラフとボーナス確率を見てみましょう!

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

画像を見てわかる通り、最高出玉は+2955枚、最低出玉は-3837枚で5勝7敗という結果になりました!

最高出玉のデータはREGの確率が悪いという低設定ならではですが、BIGに大きく偏れば設定1でも勝てることは可能ですね!

また、全体的に見てもREGの確率は1/300を切っている台は一つもなく、BIGを引けない台は大きく負けていることがわかります!

設定1で勝つことはありますが、少しのプラスになることが多いです。また、右下がりのグラフになることが多いこともわかりました!

ファンキージャグラー 設定1 小役確率

ファンキージャグラーの設定1の小役確率を見ていきましょう!

ブドウ確率 角チェリー確率 単独REG確率
設定1 1/6.37 1/33.7 1/669
設定2 1/6.37 1/33.7 1/568
設定3 1/6.32 1/33.7 1/509
設定4 1/6.27 1/33.7 1/463
設定5 1/6.21 1/33.7 1/414
設定6 1/6.16 1/33.7 1/363

※推定値 参考:パチスロ攻略マガジン様

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

ブドウ確率で一番良い数値は1/6.14で一番悪い数値は1/6.61であり、単独レギュラーは一番良い数値は1/416.67で一番悪い数値は1/909.09でした。

ファンキージャグラ― 設定1 序盤の当選履歴

ファンキージャグラ―の序盤の挙動を確認していきましょう!

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

序盤の当たり方を見ると、400G超えがたびたびあり、600G,700Gまで深くハマることもあるみたいです。低設定はやはり勝負するのは厳しいですね。

設定1でも軽い当たりを序盤に引けていったら勝てることもあるみたいですが、ほとんど負けることが考えられますので打つのは避けたいです!

やはり低設定域の設定1と設定2で勝負するのは避けたいですね!

まとめ

ファンキージャグラ―の設定1はBIGをうまく引き、序盤に軽い当たりを引いていけば勝てるかもしれませんが、厳しい展開になることがほとんどだと思います。

合算は1/140あたりになる時もありますが、1/200を超えるときもあり、設定1のスペックよりも悪くなることもあります。

設定1はホールに回収台としては設定2よりは置かれないと思いますが、見る機会は高設定よりは多くなると思いますので気を付けていきたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ぜひとも実践の時に少しでも参考にして、勝率アップにつなげてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA